屋内運動10

スポーツジムの経営が上手くいかないときに役立つのが、ポスターやチラシを作ることです。スポーツジムに通いたくなるようなものを作成することで客足が伸びる可能性が高くなります。このポスターやチラシで客を増やす作戦では、イラストが重要になります。

スポーツジムに通いたくなるようなイラストであれば、この作戦の成功率が上がります。そこで今回はスポーツジムに合うイラストを作成するコツを紹介していきます。

どんなスポーツジムかという部分が伝わるようにする

イラスト作成に重要なのは、どのような場所かが伝わりやすいことです。今回のケースでは、どんなスポーツジムかが伝わりやすくなることがポイントでしょう。例えばプールを使用した運動がメインのスポーツジムであれば、プールのイラストや水泳を行っているイラストが効果的です。

他にも筋トレをメインにしているスポーツジムでは、トレーニング器具を使用しているイラストが良いでしょう。

ヨガ教室も併設しているようなスポーツジムはヨガを行っているイラストと、トレーニングを行っているイラストを一緒に描いておくのも良い方法と言えます。

このようにスポーツジムの内容が伝わるものになれば、ポスターやチラシを見た人がスポーツジムに通いたくなる可能性が高まります。伝えたいことが複数ある場合は、スペースを上手く利用して描けるだけ描いておくのもポイントとなります。

このときの注意点は複数のイラストを描くことで、何を伝えたいかが分かりにくくなることです。そのような事態を回避するために、複数のイラストを描くときには、イラストとイラストの距離を広げておくのが良いでしょう。

目立つイラストにするのも効果的

イラストは人に見てもらって、初めて効果を発揮します。そのため人に見てもらえるようなイラストを描くことが重要です。人の目に入りやすいポスターやチラシは派手なものが多い傾向にあります。目立つイラストを描いていれば、そのポスターやチラシに興味がなくても見てしまう可能性が高いでしょう。

このポイントを考えながら、スポーツジムをアピールできるようなイラストを作成する必要があります。目立ちやすいイラストを描くときには、派手な動きがあるものが有効です。例えば水泳を行っているイラストを描くケースでは、ただ泳いでいるところを描いてしまうだけでは派手さが足りません。

このケースであれば水しぶきを大きく描くことや、大人数で競争を行っている様子を描くことが効果的です。特に水しぶきを描くときには大胆なタッチが有効になります。ダイナミックな動きである程、人の目に入りやすいイラストになるでしょう。

筋トレを行うのがメインのスポーツジムでは、筋肉量に注目してイラストを描くのがオススメです。腕が太い人のイラストや腹筋が割れている人のイラストを描くことで、スポーツジムでのトレーニングによる効果がアピールしやすいでしょう。

ダンベルを使って体に大きな負荷をかける様子をイラストにするのも良い方法と言えます。筋トレの姿を描くことで、筋肉をつけたい人がスポーツジムを訪れやすくなります。

色合いでスポーツジムをアピールする

イラストを良いものにするためには色合いにこだわるのも重要です。色の使い方によって、イラストが与える印象が変わってきます。好みの色を使うのも良いですが、スポーツジムの雰囲気に合ったものを選ぶのも効果的な方法と言えます。

落ち着いた雰囲気のスポーツジムであれば、青や緑といった色合いが適しています。特に青色は落ち着いた印象を与えやすいでしょう。青色は誠実な印象も与えやすいので、トレーニングに対して真面目に対応してくれるというイメージを持ってもらいやすいです。

緑は優しい雰囲気を与えやすくなります。緑は森林を連想させやすいため、室内の空気が良いという印象を与えやすいでしょう。情熱的なサポートを受けられるという印象を与えたいのであれば、赤色が有効だと言えます。トレーニング中のイラストの背景色に赤色を採用すれば、トレーニングに熱中できるイメージも与えられます。

スポーツジムが楽しい空間であるという印象を持ってもらいたいのであれば、暖色系を選ぶのが良いでしょう。明るい色合いを選ぶことで、前向きにトレーニングを行うイメージや楽しくトレーニングを行うところをイメージしてもらいやすいです。

反対にストイックなイメージを与えたい場合は寒色が良いと言えます。寒色は全体的に引き締まった印象を与えてくれるため、厳しいトレーニングを行うイメージを持ってもらえます。

ターゲットによってイラストを変える

自分の経営するスポーツジムが、どの年齢層をターゲットにしているかを考えるのが重要です。ターゲットに合ったイラストを描くことで、客が増加しやすくなるでしょう。例えば若い人をターゲットにするのであれば、筋力アップやダイエットを意識したイラストが有効になります。

特に若い男性をターゲットにした場合には筋力アップのイラスト、若い女性をターゲットにしているのであればダイエットをメインにしたイラストが効果的です。高齢者をターゲットにするのであれば、柔らかい雰囲気を持ったイラストが良いでしょう。

高齢者の場合は日常での運動を目的にスポーツジムを利用することが多いので、激しい運動を行うものよりも軽度な運動を行うものをイラストに採用した方が良いと言えます。男女によって色を使い分けるのもオススメです。

男性をターゲットにする場合は、ピンクのような柔らかい色合いよりも黒や青といったシックなものの方が好印象を与えやすいでしょう。女性をターゲットにする場合は、黒や青は暗い印象を与えてしまいます。そのためピンクやオレンジといった柔らかい色合いの方が良い効果が得られます。

イメージキャラクターをイラストに描く

オリジナルのイメージキャラクターを持っているのであれば、それをイラストに使うのも有効な手段と言えます。オリジナルのイメージキャラクターは、できるだけ可愛らしいものが良いでしょう。可愛らしいイメージキャラクターを採用すれば、女性や子どもからの人気を得られます。

ファミリー層をターゲットにする場合には、このイメージキャラクターを採用する方法が良い効果を発揮する可能性が高いです。イメージキャラクターに子どもが食いついて、そのスポーツジムに興味を持てば、子どもだけでなく、親も一緒に通ってくれる可能性があります。

最初は母親と子どもだけが参加していても、そのうち父親も参加してくるようになるケースも考えられます。